第八回大岡信研究会報告

第八回大岡信研究会『大岡信と「櫂」―その頃とそれから―』三浦雅士(文芸評論家、日本芸術院会員)

2017年1月29日、文芸評論家で日本芸術院会員の三浦雅士氏による『大岡信と「櫂」―その頃とそれから―』と題する講演に、大勢の聴衆が参加し、質疑応答も活発な盛会となった。
1969年頃『ユリイカ』の編集に携わるようになった三浦氏が初めて会った大岡は、すでに大きい存在だったが、時間が経るにつれ「山並みの中で、大岡さんは相当に大きい山」であることがわかってきたという。
若き大岡が、卒業論文としては実に本質的で十分文壇でも通じるような夏目漱石論を書き上げていたにもかかわらず世に発表しなかったことや、当時の風潮では取り上げること自体避けるような保田與重郎について大岡が評論を発表したこと、これに文壇のスターだった三島由紀夫が激賞したのだが、大岡は特段喜んで三島に近づくこともなかったことを例に、大岡が、小説・批評を中心としたいわゆる「文壇」にあえて接近しなかった背景には、なによりも「詩」を第一とする大岡の考えが読み取れると指摘した。そこには、短期の風潮で動く「文壇」から遠く離れ、大きな流れの中でものごとを捉える大岡の特長がみえるという。この視点の距離感、大きさは、紀貫之や藤原定家らの作品の捉え方、また萩原朔太郎論の中においても明らかであるという。
大岡が加わった詩のグループ『櫂』は、メンバー自身も語っているように、仲良しクラブのようで、ぼわっとした感じのせいか、戦後詩史においては、先鋭でスターが揃う『鰐』のグループほど重要でないかように認識されているが、『櫂』のほうが実は圧倒的に重要なグループであることがわかってきたという。大きなタイムスケールの中で「詩」を捉え得る大岡を迎えた『櫂』は、大岡が安東次男、丸谷才一と一緒に巻いていた歌仙に刺激され、1971年に「連詩」を始めた。この『櫂・連詩』こそ、日本文学において一番重要である「合わす心」ということを「詩」において試みた最初であり、日本語がどのようなもので、日本文学における最大の形式としての五七五七七が、どういう意味を持つか、ということに関してまでも、実感的に深いことを行った類のないグループであったという。この試みも、日本文学の大きなうねりの中で現在の「詩」を考察する大岡の「捌き」があってこそであったと三浦氏は指摘した。
資料として配布された『櫂・連詩』の「第三回珊瑚樹の巻」、「第六回夢灼けの巻」に触れながら、氏は、その中で行われた詩行の実験や、合わせていくプロセスで一層露わに出てくるそれぞれの個性を紹介しながら、(例えば茨木や吉野のわかりやすさはその理屈からくること、谷川の理性や大岡の直感など)、『櫂』の文学史上の意義について言及していった。
また三浦氏は、人間の重要なことは、「人柄がいい」ということが一番であり、それが文学の根本なんだということをはっきりと確信していたのが大岡信だと指摘。それが『櫂』の原理であり、『櫂・連詩』が出来た前提であると分析した。
三浦氏のテンポのよい語り口と、エピソードを交えた多彩な分析に、新たな大岡像が摘出され、あっという間の1時間半であった。(渡辺竜樹:大岡信研究会会員)

お知らせ:中日新聞、東京新聞1月5日掲載記事

新年おめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
中日新聞の佐久間博康記者が、岩波文庫「自選 大岡信詩集」に関し、夫人の深瀬サキに取材した記事が1月5日の中日新聞、東京新聞に掲載されました。同詩集は、深瀬サキとの出会いのころの「初期の作品が手厚いのが特徴」と指摘し、夫人の「私の中では大岡信は出会った時からずっと詩人。改めてそう感じた」との言葉を紹介しています。岩波文庫の入谷芳孝編集長の「04年に出版した「大岡信詩集 自選」をより完全なものにしたいという希望もあった」、また大岡信ことば館の岩本圭司館長の自選詩集の意義についての発言も紹介しています。大岡信と夫人の大きな写真入りの記事は、より多くの読者に岩波文庫「自選 大岡信詩集」を紹介する格好の機会を提供してくれました。是非、お読みください。

第八回大岡信研究会のお知らせ(終了しました)

1950年代、詩論で知られるようになった大岡信は、茨木のり子と川崎洋が始めた詩のグループ「櫂」に誘われ、参加しました。戦後詩に明確な足跡を刻んだ「櫂」の活動と大岡信について、またその頃の大岡信の仕事や周辺についても、大岡信を最もよく知る一人であり、大岡信に関し多く語り、執筆している文芸評論家の三浦雅士氏が語ります。ふるってご参加下さい。

日時:2017年1月29日(日)14:00~15:30(13:30開場)
場所:明治大学リバティ・タワー研究棟第1会議室
講師:三浦雅士(文芸評論家)、日本芸術院会員
題名:大岡信と「櫂」―その頃とそれから―
会費:会員無料、会員外1000円(当日受付でお支払下さい)

講師紹介:1946年生まれ。1970年代、「ユリイカ」「現代思想」編集長として活動。1980年代から評論家として、文学、美術、思想、科学など多方面に執筆活動。1991年には「ダンスマガジン」を創刊し、編集長に。1994年、思想誌「大航海」を創刊し編集長に。また「大岡信著作集」「大岡信全詩集」の大岡信年譜を制作。主な著書に「私という現象」「主体の変容」「メランコリーの水脈」(サントリー学芸賞受賞)「身体の零度」「青春の終焉」「出生の秘密」「考える身体」など多数。

◎参加申し込みは、葉書に「第八回研究会参加申し込み」とご記入の上、住所、氏名、連絡先とお持ちの方はメールアドレスを明記して、大岡信研究会事務局(101-0064東京都千代田区猿楽町2-1-16下平ビル402)までご郵送下さい。電話03-3291-6569 
Eメールでの申し込みは、こちらから

会誌「大岡信研究」第二号発行

大岡信研究会は、会誌「大岡信研究」第二号を2016年10月25日発行しました。
第二号の内容は以下の通りです。
大岡信研究会の会員の皆様へは発送しています。
img_1224

大岡信研究 2016 第二号
★巻頭
大岡信の詩「私は月にはいかないだろう」 
血と汗の地球から、汚された天空をみる  西垣 通
★大岡信研究会
第四回 大岡信の社会学  土屋恵一郎
第五回 大岡信さんから学んだこと  八木忠栄
第六回 詩編「告知」をめぐってー大岡信における想像力と批評ー  野村喜和夫
★連載
大岡信の「手帖」とノート②  大岡信研究会編
★この一年  西川敏晴

第二号の購入をご希望の方は、大岡信研究会事務局(電話03-3291-6569)までご連絡下さい。(頒価1部1000円)
なお、2016年末までに2017年度新規会員に申し込まれた方には、第二号を無料でお送りします。
この機会に是非、新規会員にお申込み下さますようご案内致します。
会員申し込みの詳細は、メニューの「入会の案内」をクリックしてご覧下さい。

お知らせ:2016年11月8日朝日新聞文化・文芸欄記事

2016年11月8日の朝日新聞(朝刊)の文化・文芸欄で「大岡信さん 詩人の魅力」と題する、赤田康和記者の記事が掲載されています。副題の「85歳で自選詩集 文学者らによる評論集も」にあるように、今年立て続けに刊行された大岡信関連書籍―岩波文庫の自選詩集、昨年開催された世田谷文学館での「大岡信展」の講演録をまとめた「大岡信の詩と真実」(岩波書店)の内容の精髄を紹介しています。また、赤田氏自身が大岡夫人(深瀬サキ)や三浦雅士氏、谷川俊太郎氏に取材した内容も盛り込まれています。昨年5月に撮影された闘病中の大岡信と夫人の写真や、2003年に谷川俊太郎氏と対談している元気な大岡信の写真もみられます。
大岡信の若き日の恋愛、深い思索、ことばと時代への常に真摯な姿勢、そして夫人が語る現在の大岡信など、大岡信の魅力を豊かに伝えている非常に魅力的な内容です。是非ともお読みください。

お知らせ:「谷川俊太郎展・本当の事を云おうか・」開催中!(大岡信ことば館)

大岡信ことば館(静岡県三島市)では、現在「谷川俊太郎展・本当の事を云おうか・」が12月25日まで開催されています。
谷川さんが「この展示をまるごと家に持って帰りたくなった」と言われた展示です。詳細は、リンクの大岡信ことば館でご覧ください。
大岡信ことば館は、新幹線三島駅から徒歩1分です。是非お出かけください!

第七回大岡信研究会報告

大岡信さんと私ー二つの言語を通してー「折々のうた」の英訳
bichiman第七回大岡信研究会は、講師にドナルド・キーン氏の愛弟子であり、正岡子規、与謝野晶子など日本の近代詩歌の研究で著名なジャニーン・バイチマン氏を迎えて行われた。
バイチマン作新作能Drifting Fires を大岡信が「漂炎」に和訳するなど二人のさまざまな交流の中から、講演は「折々のうた」の英訳を中心に進められた。まず、大岡信の詩への姿勢を示すものとして、バイチマン氏は、配布資料の冒頭に、第五回講師の八木忠栄氏が引用した「泥について」(「文明のなかの詩と芸術」思潮社1966年)の最後部分「・・・いつでも泥みたいに不定形でありたい。直立不動の姿勢は真平だ。」を揚げた。また、「折々のうた」(岩波新書版1980年)のあとがきを引用し「私は古今の詩句を借りてそれをあらゆるやかな連結方法によってつなぎとめながら、全体として一枚の大きな言葉の織物ができるように、それらを編んでみたいと思ったのである。」という大岡信の壮大な展望を改めて喚起させた。
「折々のうた」の英訳は、朝日新聞の英字紙Asahi Evening Newsに、 A Poet’s Notebookと題して掲載されて始まったという。当時のコラム内の構成は、ローマ字でフリガナがつけられた日本語詩歌が中央に、バイチマン氏の英訳が左に、そして大岡信の文章の英訳が右に掲載されていた。英訳するにあたって、二人の間で頻繁にファックスのやりとりがあった。そのコピーがスクリーンに示され、大岡が語順の変更を提案する添え書きや、バイチマン氏の英訳を讃えた勢いある筆跡など生き生きとしたコミュニケーションが見られたのも興味深かった。
相良宏の短歌「白壁を隔てて病めるをとめらの或る時は脈をとりあふ声す」(1992年7月12日掲載)を採りあげ、バイチマン氏が「をとめ」をどう訳すかに悩み、日本人の夫君や当時中学生の娘さんの意見も聞いて、最終的に「病めるをとめら」はthe feverish virginsとしたエピソードが語られた。氏は、翻訳は決して一人だけでするものではなく、いろいろな意見を聞いたり、取り入れたりすることで、より良い翻訳が可能になると強調した。
この英字新聞掲載の英訳をとりまとめて、1994年5月にA Poet’s Anthology The Range of Japanese Poetry (序文ドナルド・キーン氏)がトマス・フィッツシモンズ氏(詩人、大岡信と連詩「揺れる鏡の夜明け」を刊行)により発行された。この時、フィッツシモンズ氏から「季節ごとに詩歌を整理する必要はないか」との問い合わせに、大岡は「ノー」と極めて強い調子で回答した・・というのも、その理由には、「不定形の泥」も思い起こされるなど、いろいろ考えさせられる興味深い話だろう。
講演で、思いがけない贈り物は、バイチマン氏が英字紙に掲載された「折々のうた」から十三の日本語の詩歌とその英訳を朗読したことである。日本語、英語のいずれも美しい発音と調べで朗誦され、参加者を魅了した。朗読の途中、翻訳の苦心談も語られたが、中でも、蕪村の「月天心貧しき町を通りけり」の「貧しき町」をどう訳すか・・と考えていた時、「ゲットー」という言葉を思いついたという。翻訳の際、元の言語の背景を大事にするかあるいは英語圏あるいは西洋文化に則した言葉を使うかとの選択は、難しく、思案のしどころ・・とバイチマン氏は述べたが、この「ゲットー・ストリート」により、蕪村の俳句は、確かに地球的空間と時間を持ったといえるだろう。参加者は、平安時代から現代までの幅広い日本詩歌の英語訳を、翻訳者から直に聴くという経験によって、韻、リフレイン、表記方法など、詩のさまざまな要素が呼び起こされて、楽しく魅力的な研究会が実現された。(越智淳子:大岡信研究会運営委員)

第六回大岡信研究会報告

詩篇「告知」をめぐって―大岡信における想像力と批評
nomura現代詩の最先端を走りつづけている詩人・野村喜和夫氏を講師に迎えて行われた第6回大岡信研究会は、大岡の詩篇「告知」が1972年に発表されるまでの経緯を軸に進められた。それはあたかも詩人と批評家という一人二役をめまぐるしく演じさせつつすすむエクリチュールの劇を観るようだという野村氏は、その劇の真ん中に位置するエッセイ「言葉の出現」のテキストを辿りながら、その言語活動の劇にあらわれる詩生成の過程を我々に開示していった。それは、先に批評家としての看板を負わされてしまった大岡の詩人としての立ち位置を示す試みでもあった。
 野村氏は、1966年に発表された詩作品「わが夜のいきものたち」は体裁を整えた表層のあらわれであり(むしろ批評家としての仕事)、1968年のエッセイ「言葉の出現」は深層と表層の分析であるとする(むしろ詩人としての仕事)。このエッセイは途轍もない大きな問題を扱っている重要なエッセイであるとし、自分を実験台にして言語問題を提示したのではないかと指摘。
また、1972年の作品「告知」は言葉にならないカオスとでもいえる深層のあらわれであるとし(大岡の造語である「幻語」)、表層よりも深層の方が勝っているということを「告知」したのではないかとの推論を披露した。自分の詩作を実験台にすることは勇気がいることなので、こうしたことが出来たのも韜晦しない大岡の率直な人となりがその背景にあったのでないかとも指摘。
さらに、このエッセイで援用されるシニフィアン、シニフィエの概念は、ソシュール言語学が一般的に論じられるのが80年代であることを考えると時期的に非常に早いことに注目し、大岡の先見性を読みとった。
作品の<生成>を示した大岡信「言葉の出現」と、作品の<構造>を示した入沢康夫『わが出雲 わが鎮魂』が同じ1968年に発表されたことのシンクロは、戦後現代詩のもっともスリリングな場面といえるのではないかと言及して、評価の高い入沢作品に並ぶ重要な作品として、詩人・大岡信の新たな位置づけを行った示唆に富む講演であった。(渡辺竜樹:大岡信研究会会員)

第七回大岡信研究会のお知らせ(終了しました)

IMG_0961-1 日本文学研究の泰斗ドナルド・キーン氏の愛弟子のひとりとして、正岡子規、与謝野晶子研究等日本の近代詩歌研究で知られるジャニーン・バイチマン博士は、大岡信の詩や「折々のうた」を英訳しています。また大岡信はバイチマン作の新作能「漂炎」を和訳しています。詩歌や翻訳をめぐり長年にわたる二人の交流と創作を語ります。

日時:2016年9月25日(日)14:00~15:30(開場13:30)
会場:明治大学リバティタワー研究棟第1会議室
講師:ジャニーン・バイチマン 大東文化大学名誉教授、日本文学研究者 
題名:大岡信さんと私―二つの言語を通して―
参加費:会員500円、会員外1000円 当日受付にてお支払い下さい。

参加申し込みは、葉書に「第七回研究会参加申し込み」とご記入の上、住所、氏名、連絡先とお持ちの方はメールアドレスを明記して、大岡信研究会事務局(101-0064東京都千代田区猿楽町2-1-16下平ビル402)までご郵送下さい。電話03-3291-6569 
Eメールで申し込まれる場合は、こちらから

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

講師紹介(ジャニーン・バイチマン):大東文化大学名誉教授。文学博士(コロンビア大学)。著書に、MasaokaShiki: His Life and Works (正岡子規評伝及び作品)Embracing the Firebird:Yosano Akiko and the Birth of the Female Voice Modern Japanese Poetry (与謝野晶子初期の評伝と「みだれ髪」研究)。訳書に、Poems for All Seasons (大岡信「折々のうた」)、Beneath the Sleepless Tossing of the Planets (大岡信の1972-1989詩選集)、The End of Summer (瀬戸内寂聴「夏の終り」)など。創作に、英語による新作能 Drifting Fires (大岡信による和訳「漂炎」がある)。

お知らせ:「大岡信 詩と真実」書評(毎日新聞、日経新聞、朝日新聞)

6月に岩波書店から発行された「大岡信の詩と真実」(世田谷文学館での「詩人・大岡信展」での連続講演記録)に対する書評が各紙に掲載されています。
是非、お読みください。

〇 7月12日(火) 毎日新聞夕刊 文化欄 「論の周辺」
「大岡信さんの時代感覚」と題し、大井浩一氏は、菅野昭正の冒頭論文から、大岡信の詩の特徴である「宇宙感覚とともに時代感覚があることが重要」に着目し、大岡信の時代感覚は、現在の状況までに届く「驚くべき射程距離を持っていると感じさせられる」と論じています。

〇 7月16日(土) 日本経済新聞 夕刊文化 「遠みち 近みち」
編集委員、宮川匡司氏は「大岡信の詩業を振り返る」と題し、高橋順子の「地名論」から読み解いた講演内容を採りあげ、「とどまらず柔軟に動いていく・・」大岡信の精神に焦点を充てています。また岩波文庫の「自選 大岡信詩集」も取り上げ、「その詩業から、学ぶべき点は、なお多い」と結んでいます。

〇 7月17日(日) 朝日新聞 読書欄 大岡信の詩と真実 菅野昭正(編)
詩人で作家の蜂飼耳氏は「歴史を意識した詩人の多面性」と題し、本書が「各人、各様の読み方、見方、語り口はそれぞれ違っていても、どこか合流するところがあって、その共鳴が大岡信という詩人の像を、遠景に鋭く浮かび上がらせる」と論じています。谷川俊太郎と三浦雅士の対談、吉増剛三の回想、野村喜和夫の分析、長谷川櫂の「折々のうた」の位置づけを紹介し、編者菅野昭正によるフランス文学から紀貫之への意義の強調に注目しています。「いくつも入り口を持つ大岡信の世界。入ったら出られないほど、奥は深い。」と結んでいます。