第七回大岡信研究会報告

大岡信さんと私ー二つの言語を通してー「折々のうた」の英訳
bichiman第七回大岡信研究会は、講師にドナルド・キーン氏の愛弟子であり、正岡子規、与謝野晶子など日本の近代詩歌の研究で著名なジャニーン・バイチマン氏を迎えて行われた。
バイチマン作新作能Drifting Fires を大岡信が「漂炎」に和訳するなど二人のさまざまな交流の中から、講演は「折々のうた」の英訳を中心に進められた。まず、大岡信の詩への姿勢を示すものとして、バイチマン氏は、配布資料の冒頭に、第五回講師の八木忠栄氏が引用した「泥について」(「文明のなかの詩と芸術」思潮社1966年)の最後部分「・・・いつでも泥みたいに不定形でありたい。直立不動の姿勢は真平だ。」を揚げた。また、「折々のうた」(岩波新書版1980年)のあとがきを引用し「私は古今の詩句を借りてそれをあらゆるやかな連結方法によってつなぎとめながら、全体として一枚の大きな言葉の織物ができるように、それらを編んでみたいと思ったのである。」という大岡信の壮大な展望を改めて喚起させた。
「折々のうた」の英訳は、朝日新聞の英字紙Asahi Evening Newsに、 A Poet’s Notebookと題して掲載されて始まったという。当時のコラム内の構成は、ローマ字でフリガナがつけられた日本語詩歌が中央に、バイチマン氏の英訳が左に、そして大岡信の文章の英訳が右に掲載されていた。英訳するにあたって、二人の間で頻繁にファックスのやりとりがあった。そのコピーがスクリーンに示され、大岡が語順の変更を提案する添え書きや、バイチマン氏の英訳を讃えた勢いある筆跡など生き生きとしたコミュニケーションが見られたのも興味深かった。
相良宏の短歌「白壁を隔てて病めるをとめらの或る時は脈をとりあふ声す」(1992年7月12日掲載)を採りあげ、バイチマン氏が「をとめ」をどう訳すかに悩み、日本人の夫君や当時中学生の娘さんの意見も聞いて、最終的に「病めるをとめら」はthe feverish virginsとしたエピソードが語られた。氏は、翻訳は決して一人だけでするものではなく、いろいろな意見を聞いたり、取り入れたりすることで、より良い翻訳が可能になると強調した。
この英字新聞掲載の英訳をとりまとめて、1994年5月にA Poet’s Anthology The Range of Japanese Poetry (序文ドナルド・キーン氏)がトマス・フィッツシモンズ氏(詩人、大岡信と連詩「揺れる鏡の夜明け」を刊行)により発行された。この時、フィッツシモンズ氏から「季節ごとに詩歌を整理する必要はないか」との問い合わせに、大岡は「ノー」と極めて強い調子で回答した・・というのも、その理由には、「不定形の泥」も思い起こされるなど、いろいろ考えさせられる興味深い話だろう。
講演で、思いがけない贈り物は、バイチマン氏が英字紙に掲載された「折々のうた」から十三の日本語の詩歌とその英訳を朗読したことである。日本語、英語のいずれも美しい発音と調べで朗誦され、参加者を魅了した。朗読の途中、翻訳の苦心談も語られたが、中でも、蕪村の「月天心貧しき町を通りけり」の「貧しき町」をどう訳すか・・と考えていた時、「ゲットー」という言葉を思いついたという。翻訳の際、元の言語の背景を大事にするかあるいは英語圏あるいは西洋文化に則した言葉を使うかとの選択は、難しく、思案のしどころ・・とバイチマン氏は述べたが、この「ゲットー・ストリート」により、蕪村の俳句は、確かに地球的空間と時間を持ったといえるだろう。参加者は、平安時代から現代までの幅広い日本詩歌の英語訳を、翻訳者から直に聴くという経験によって、韻、リフレイン、表記方法など、詩のさまざまな要素が呼び起こされて、楽しく魅力的な研究会が実現された。(越智淳子:大岡信研究会運営委員)

第六回大岡信研究会報告

詩篇「告知」をめぐって―大岡信における想像力と批評
nomura現代詩の最先端を走りつづけている詩人・野村喜和夫氏を講師に迎えて行われた第6回大岡信研究会は、大岡の詩篇「告知」が1972年に発表されるまでの経緯を軸に進められた。それはあたかも詩人と批評家という一人二役をめまぐるしく演じさせつつすすむエクリチュールの劇を観るようだという野村氏は、その劇の真ん中に位置するエッセイ「言葉の出現」のテキストを辿りながら、その言語活動の劇にあらわれる詩生成の過程を我々に開示していった。それは、先に批評家としての看板を負わされてしまった大岡の詩人としての立ち位置を示す試みでもあった。
 野村氏は、1966年に発表された詩作品「わが夜のいきものたち」は体裁を整えた表層のあらわれであり(むしろ批評家としての仕事)、1968年のエッセイ「言葉の出現」は深層と表層の分析であるとする(むしろ詩人としての仕事)。このエッセイは途轍もない大きな問題を扱っている重要なエッセイであるとし、自分を実験台にして言語問題を提示したのではないかと指摘。
また、1972年の作品「告知」は言葉にならないカオスとでもいえる深層のあらわれであるとし(大岡の造語である「幻語」)、表層よりも深層の方が勝っているということを「告知」したのではないかとの推論を披露した。自分の詩作を実験台にすることは勇気がいることなので、こうしたことが出来たのも韜晦しない大岡の率直な人となりがその背景にあったのでないかとも指摘。
さらに、このエッセイで援用されるシニフィアン、シニフィエの概念は、ソシュール言語学が一般的に論じられるのが80年代であることを考えると時期的に非常に早いことに注目し、大岡の先見性を読みとった。
作品の<生成>を示した大岡信「言葉の出現」と、作品の<構造>を示した入沢康夫『わが出雲 わが鎮魂』が同じ1968年に発表されたことのシンクロは、戦後現代詩のもっともスリリングな場面といえるのではないかと言及して、評価の高い入沢作品に並ぶ重要な作品として、詩人・大岡信の新たな位置づけを行った示唆に富む講演であった。(渡辺竜樹:大岡信研究会会員)

第七回大岡信研究会のお知らせ(終了しました)

IMG_0961-1 日本文学研究の泰斗ドナルド・キーン氏の愛弟子のひとりとして、正岡子規、与謝野晶子研究等日本の近代詩歌研究で知られるジャニーン・バイチマン博士は、大岡信の詩や「折々のうた」を英訳しています。また大岡信はバイチマン作の新作能「漂炎」を和訳しています。詩歌や翻訳をめぐり長年にわたる二人の交流と創作を語ります。

日時:2016年9月25日(日)14:00~15:30(開場13:30)
会場:明治大学リバティタワー研究棟第1会議室
講師:ジャニーン・バイチマン 大東文化大学名誉教授、日本文学研究者 
題名:大岡信さんと私―二つの言語を通して―
参加費:会員500円、会員外1000円 当日受付にてお支払い下さい。

参加申し込みは、葉書に「第七回研究会参加申し込み」とご記入の上、住所、氏名、連絡先とお持ちの方はメールアドレスを明記して、大岡信研究会事務局(101-0064東京都千代田区猿楽町2-1-16下平ビル402)までご郵送下さい。電話03-3291-6569 
Eメールで申し込まれる場合は、こちらから

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

講師紹介(ジャニーン・バイチマン):大東文化大学名誉教授。文学博士(コロンビア大学)。著書に、MasaokaShiki: His Life and Works (正岡子規評伝及び作品)Embracing the Firebird:Yosano Akiko and the Birth of the Female Voice Modern Japanese Poetry (与謝野晶子初期の評伝と「みだれ髪」研究)。訳書に、Poems for All Seasons (大岡信「折々のうた」)、Beneath the Sleepless Tossing of the Planets (大岡信の1972-1989詩選集)、The End of Summer (瀬戸内寂聴「夏の終り」)など。創作に、英語による新作能 Drifting Fires (大岡信による和訳「漂炎」がある)。

お知らせ:「大岡信 詩と真実」書評(毎日新聞、日経新聞、朝日新聞)

6月に岩波書店から発行された「大岡信の詩と真実」(世田谷文学館での「詩人・大岡信展」での連続講演記録)に対する書評が各紙に掲載されています。
是非、お読みください。

〇 7月12日(火) 毎日新聞夕刊 文化欄 「論の周辺」
「大岡信さんの時代感覚」と題し、大井浩一氏は、菅野昭正の冒頭論文から、大岡信の詩の特徴である「宇宙感覚とともに時代感覚があることが重要」に着目し、大岡信の時代感覚は、現在の状況までに届く「驚くべき射程距離を持っていると感じさせられる」と論じています。

〇 7月16日(土) 日本経済新聞 夕刊文化 「遠みち 近みち」
編集委員、宮川匡司氏は「大岡信の詩業を振り返る」と題し、高橋順子の「地名論」から読み解いた講演内容を採りあげ、「とどまらず柔軟に動いていく・・」大岡信の精神に焦点を充てています。また岩波文庫の「自選 大岡信詩集」も取り上げ、「その詩業から、学ぶべき点は、なお多い」と結んでいます。

〇 7月17日(日) 朝日新聞 読書欄 大岡信の詩と真実 菅野昭正(編)
詩人で作家の蜂飼耳氏は「歴史を意識した詩人の多面性」と題し、本書が「各人、各様の読み方、見方、語り口はそれぞれ違っていても、どこか合流するところがあって、その共鳴が大岡信という詩人の像を、遠景に鋭く浮かび上がらせる」と論じています。谷川俊太郎と三浦雅士の対談、吉増剛三の回想、野村喜和夫の分析、長谷川櫂の「折々のうた」の位置づけを紹介し、編者菅野昭正によるフランス文学から紀貫之への意義の強調に注目しています。「いくつも入り口を持つ大岡信の世界。入ったら出られないほど、奥は深い。」と結んでいます。

お知らせ:童話屋「折々のうた」春、夏編刊行、7月1日朝日新聞文化・文芸欄、岩波「図書」7月号:池澤夏樹氏「大岡信と和歌の伝統」

IMG_0947 ◎ 前のお知らせでご紹介した童話屋40周年記念出版の「折々のうた」全4巻のうち、「春」と「夏」が6月17日刊行されました。是非、お読みください。「春」には、長谷川櫂の「赤ん坊の掌の中からも桃の花」(108ページ)が掲載されています。
◎ 7月1日(金)朝日新聞朝刊の文化・文芸欄で、高重治香氏が、童話屋「折々のうた」を装丁や内容など写真付きで紹介しています。

◎ 岩波書店の「図書」7月号に、池澤夏樹氏による連載「詩のなぐさめ」52に「大岡信と和歌の伝統」が掲載されています。大岡信の本質が照射され浮かび上がります。是非、ご一読下さい。

お知らせ:「大岡信の詩と真実」菅野昭正編発行

IMG_08836月3日、岩波書店から、菅野昭正編「大岡信の詩と真実」が発行されました。これは昨年10月から世田谷文学館で開催された「詩人・大岡信展」の期間中に「大岡信の詩と真実」として開催された連続講座の記録を補筆、まとめられたものです。講座は、高橋順子、野村喜和夫、谷川俊太郎、三浦雅士、長谷川櫂、吉増剛造の各氏が講師となられ、その記録は「これ以上ない語り手を得て、解き明かされる詩人の軌跡」(同書、帯より)となりました。是非、お読みください。

第六回大岡信研究会のお知らせ(終了しました)

詩篇「告知」をめぐって──大岡信における想像力と批評
IMG_0788大岡信さんの詩において想像力と批評とがもっともスリリングに絡みあうのは、詩篇「告知」をめぐってではないでしょうか。大岡さんはまず、詩篇「わが夜のいきものたち」を発表し(1966)、ついでその制作の経緯をエッセイ「言葉の出現」に書き(1968)、最後に、「わが夜のいきものたち」のもとになった記録を詩篇「告知」と題して詩集『透視図法──夏のための』に収録しました(1972)。なにが起こっているのでしょう。それはたんに、決定稿→自作解説→記録という発表順序のあべこべ現象を示しているにすぎないのでしょうか。ちがうと私は考えます。そこには、大岡さんのなかで詩人と批評家がいわば「ひとりコラボ」しているエクリチュールの劇が展開されているのではないか。そしてその劇は、エッセイ「言葉の出現」と同年に刊行された入沢康夫さんの『わが出雲 わが鎮魂』とともに、戦後現代詩の冒険のハイライトをなすものではないかと。(野村喜和夫)

日時:2016年5月29日(日) 14:00~15:30 (開場13:30)
会場:明治大学リバティタワー 研究棟2階第9会議室 *
講師:野村喜和夫(詩人)
題名:詩篇「告知」をめぐって──大岡信における想像力と批評
参加費:会員500円、会員外1000円
当日受付にてお支払い下さい。
*リバティタワー正面口からエレベーターまたはエスカレーターで3階へ。右手奥の渡り廊下を渡って研究棟へ。タワーの3階は研究棟の4階になりますので、エレベーターで2階へ。右手の会議室番号案内に従って進み、奥に第9会議室があります。

参加申し込みは、葉書に「第六回研究会参加申し込み」とご記入の上、住所、氏名、連絡先とお持ちの方はメールアドレスを明記して、大岡信研究会事務局(101-0064東京都千代田区猿楽町2-1-16下平ビル402)までご郵送下さい。電話03-3291-6569  
Eメールで申し込まれる場合は、こちらから野村写真① (2)
講師紹介:野村喜和夫(のむら・きわお)
1951年10月20日埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部日本文学科卒業。戦後世代を代表する詩人のひとりとして現代詩の先端を走りつづけるとともに、小説・批評・翻訳なども手がける。著訳書多数。詩集『特性のない陽のもとに』(思潮社、1993)で第4回歴程新鋭賞、『風の配分』(水声社、1999)で第30回高見順賞、『ニューインスピレーション』(書肆山田、2003)で第21回現代詩花椿賞、評論『移動と律動と眩暈と』(書肆山田、2011)および『萩原朔太郎』(中央公論新社、2011)で第3回鮎川信夫賞、『ヌードな日』(思潮社、2011)および『難解な自転車』(書肆山田、2012)で第50回藤村記念歴程賞、英訳選詩集『Spectacle & Pigsty』(Omnidawn、2011)で2012 Best Translated Book Award in Poetry (USA)受賞。

お知らせ:読売新聞コラム長谷川櫂「四季」大岡信の詩シリーズ、一柳慧作曲「ベルリン連詩」公演、水樹奈々さんブログ

◎ 俳人の長谷川櫂が読売新聞に連載している「四季」において、5月1日から11日まで、先月発行の岩波文庫「自選 大岡信詩集」から大岡信の詩を採りあげています。是非、お読みください。

◎ 5月1日朝日新聞「読書」欄「辻山良雄が薦める文庫、この新刊!」で岩波文庫「自選 大岡信詩集」が紹介されました。

◎ 来る5月25日(水)19:00から東京オペラシティコンサートホールにおいて「一柳慧の音楽」のコンサートが行われます。この中で、一柳慧の最初の交響曲で代表作の一つ「ベルリン連詩」が演奏されます。この作品は、1985年ベルリン世界文化フェスティバルにおいて大岡信、カリン・キヴィス、川崎洋、グントラム・フェスパーの4人の詩人が創作した連詩(「ヴァンゼー連詩」岩波書店1987年発行)に啓発を受け、一柳慧が1988年に作曲しました。この機会に、是非、ご鑑賞下さい。   http://www.operacity.jp/concert/

◎ 声優でシンガーソングライター、マルチタレントの水樹奈々さんが、5月2日のブログで大岡信詩集について語っています。是非、ご覧ください。http://www.mizukinana.jp/blog/

お知らせ:岩波文庫「自選 大岡信詩集」発行

IMG_0815岩波文庫「自選 大岡信詩集」が発行されました。(岩波文庫 緑202-1)
決定版詩集として初期詩編から最新作品まで125篇が掲載されています。レイアウトや文字も読みやすく、大岡信の詩に改めて出会える格好の機会です。
是非、お読み下さい。三浦雅士氏による解説「ある愛の果実」と大岡信の略年譜が新たにまとめられています。

第五回大岡信研究会報告

「大岡信から学んだもの」八木忠栄(詩人、俳人)

DSCF9394第五回大岡信研究会は、1月31日、元『現代詩手帖』編集長で詩人・俳人の八木忠栄氏が「大岡信から学んだもの」と題して講演した。
氏は、11年間の編集者生活において、大岡との交流から学んだこと、同じ詩人として感じたことなど、多くのエピソードを、ユーモアを交えながら語った。
大岡本人に出会う前に、氏はまず大岡作品に出会った。最初は、1960年に出版された『大岡信詩集』(書肆ユリイカ)。まぶしそうで憂いがあるような著者の肖像写真にも惹かれたという。次に1964年ごろ現代詩の雑誌に掲載されていた大岡の「泥について」という文章。これに「まいってしまった」という。その後、1965年7月に思潮社に入社し編集者として大岡信に出会った。1966年1月号から現代詩手帖の編集を行うようになり、「わが夜のいきものたち」や「地名論」など大岡詩の傑作の誕生に立ち会うことになる。詩「地名論」が生まれるまでのエピソードが殊におもしろい。この頃、大岡は明治大学で教鞭を取っており、詩を依頼した時期がちょうど入試時期にかかり、大変な忙しさで、大岡が締切に気が付いた時は、その前夜だったという。大岡が徹夜で仕上げた原稿をみて、午前3時に起きて水道管を捻った時にふと出てきた言葉を書いてこんな素晴らしい詩ができるのか、と驚嘆したという。明治大学大学院の建物内で原稿をもらった時、「君はひでえや」と言われたが、「こういうちょっと荒っぽい言葉づかいをする大岡さんが大好き」と語った。編集者にとっては、大岡は、守備範囲が広く懐が深いので、座談会、対談、インタビューなど、どの面においても、安心してお願いできる人であり、また大岡の談話は、テープを起こしたらそのまま原稿になる話しぶりであったという。氏が大岡に怒られた時の思い出も語られ、しかし、大岡の「怒ってもあとにひかない」人柄が紹介された。
「もっと甘えればよかったなあ」と悔やむ氏の姿に、中心軸に大岡がいた時代に詩誌編集に携わったことの幸せと、「大岡信」という類稀なる人物にめぐりあったことの大きさが滲んでいた。
講演の最後に、1981年に自らカメラを回して撮影した詩人たちの姿を上映して、詩の熱い時代を回顧した。(渡辺竜樹)