第九回、第十回大岡信研究会のお知らせ

これからの大岡信研究会の予定を下記の通りお知らせします。

第九回研究会
日時:5月28日(日)14:00-15:30
会場:明治大学リバティタワー研究棟
題名:大岡信と夏目漱石(仮題)
講師:松下浩幸(明治大学教授)

第十回研究会
日時:9月18日(月・祝)」14:00-15:30
会場:明治大学リバティタワー研究棟
題名:大岡信 連句・連詩の精神(仮題)
講師:高橋順子(詩人)

なお、昨年まで参加費は会員500円、会員外1000円でしたが、今年から会員は無料になりました。
会員以外の方は従来通り(1000円)です。
会員の皆様、そして会員でない皆様も、お誘いあわせの上、ご自由にご参加ください。

お知らせ:読売新聞コラム長谷川櫂「四季」大岡信の詩シリーズ、一柳慧作曲「ベルリン連詩」公演、水樹奈々さんブログ

◎ 俳人の長谷川櫂が読売新聞に連載している「四季」において、5月1日から11日まで、先月発行の岩波文庫「自選 大岡信詩集」から大岡信の詩を採りあげています。是非、お読みください。

◎ 5月1日朝日新聞「読書」欄「辻山良雄が薦める文庫、この新刊!」で岩波文庫「自選 大岡信詩集」が紹介されました。

◎ 来る5月25日(水)19:00から東京オペラシティコンサートホールにおいて「一柳慧の音楽」のコンサートが行われます。この中で、一柳慧の最初の交響曲で代表作の一つ「ベルリン連詩」が演奏されます。この作品は、1985年ベルリン世界文化フェスティバルにおいて大岡信、カリン・キヴィス、川崎洋、グントラム・フェスパーの4人の詩人が創作した連詩(「ヴァンゼー連詩」岩波書店1987年発行)に啓発を受け、一柳慧が1988年に作曲しました。この機会に、是非、ご鑑賞下さい。   http://www.operacity.jp/concert/

◎ 声優でシンガーソングライター、マルチタレントの水樹奈々さんが、5月2日のブログで大岡信詩集について語っています。是非、ご覧ください。http://www.mizukinana.jp/blog/

大岡信研究会概要

大岡信は、戦後詩を代表する詩人のひとりとして、その文学活動は、詩、評論、美術批評、戯曲、翻訳、古典詩歌から現代詩までを網羅した「折々のうた」に見られる詩歌編纂など実に幅広い分野に渡って膨大な業績を残しています。「大岡信研究会」は、大岡信の多彩で広大な文学的業績を真摯に研究し、この偉大な業績を次代にしっかりと継承する役割を果たしたいと考えます。「大岡信研究会」は、年に3回研究会を開催し、その成果を基に会報誌を年1回発行します。「大岡信研究会」の活動趣旨にご賛同下さる皆様には、是非とも会員として本会にご参加下さいますよう心よりお願い申し上げます。
                           大岡信研究会 会長 西川敏晴
「大岡信研究会」概要
会長:西川敏晴
運営委員(50音順):芥川喜好、大久保憲一、越智淳子、飛岡光枝、長谷川櫂
顧問:大岡かね子
事務局:花神社内/大岡信研究会 101-0064東京都千代田区猿楽町2-1-16
下平ビル402 (電話03-3291-6569)
URL:ookamakotokenkyu.verse.jp
会報誌:「大岡信研究」年1回発行(第1号は2015年12月発行)
研究会:年3回実施(1月、5月、9月を予定)
    上記定例研究会の他に特別講演等の研究会も適宜実施します。

「大岡信研究会」会員募集

大岡信研究会では2015年(会期は2015年1月1日~12月31日)の会員を募集しています。
今から2014年中に申し込まれる方は、そのまま2015年会員になります。
会員には、一般会員、学生会員、そして寄付をお願いする賛助会員があります。会員には、会報誌が無料で郵送されます。また、会員は、会報誌に寄稿できます。但し、寄稿の採否は編集部が決定します。
年会費等は以下のとおりです。博士課程以上の学生は一般会員になります。
年会費:一般5000円、学生3000円
賛助会費:賛助会員には、大岡信研究会の運営を支援して頂くための寄付(1口以上)をお願いします。1口10000円

会員の申し込みには、郵便振込用紙に、会員の種類、氏名、住所、電話番号、お持ちの方はEメールアドレスを明記して、会費または寄付を下記の郵便口座にお振込み下さい。年の途中での入会も会費は同じです。会員名簿は事務局で厳正に管理します。会員証等は発行しません。

郵便振替口座:00150-8-450238 大岡信研究会