第九回大岡信研究会のお知らせ

1952年年12月、大岡信は、東京大学国文科の卒業論文として「夏目漱石論」を書き上げ提出しました。この「夏目漱石―修禅寺吐血以後」は、1977年に発行された大岡信著作集(青土社)第4巻に収録されました。更に、1999年に出版された『拝啓 漱石先生」』(世界文化社)には、漱石に関する大岡の多様な論考と共に「漱石と「則天去私」」と題して再録されました。大岡信の中に長く存在しつづける夏目漱石について、そして大岡信と漱石の関係について、明治大学大学院で、大岡の薫陶を受けた夏目漱石の研究者である明治大学教授・松下浩幸氏が語ります。
ふるってご参加下さい。

日時:2017年5月28日(日) 14:00-15:30 (受付13:30より)
会場:明治大学リバティタワー研究棟 第一会議室
講師:松下浩幸(明治大学教授)
演題:大岡信と夏目漱石
会費:会員無料、会員外1000円(当日受付でお支払下さい)

講師紹介:松下浩幸(まつした・ひろゆき)
1960年生まれ。明治大学教授。専攻は日本近代文学。夏目漱石や樋口一葉などを中心に、日本の近代化と文学表象の関係を考察している。明治大学大学院時代に大岡信より「詩歌研究」の講義を受ける。著書に『夏目漱石―Xなる人生―』(単著)、『異文化体験としての大都市―ロンドンそして東京』(共著)、『論集 樋口一葉』(共著)、『別冊太陽 夏目漱石の世界』(共著)、『怪異とは誰か』(共著)、『モダニズム・コレクション叢書 サラリーマン』(編著)など

◎参加申し込みは、葉書に「第九回研究会参加申し込み」とご記入の上、住所、氏名、連絡先とお持ちの方はメールアドレスを明記して、大岡信研究会事務局(101-0064東京都千代田区猿楽町2-1-16下平ビル402)までご郵送下さい。電話03-3291-6569 

Eメールでの申し込みは、こちらから

コメントは受け付けていません。