第十一回大岡信研究会のお知らせ

大岡信にとって、美術批評は批評の重要な領域でした。24歳の時、詩誌「ポエトロア」に掲載した「ケネス・パッチョン」論を、大岡自身が「芸術論を書きはじめた」一番古い文章と、その記憶を語っています。その後、南画廊を中心とした美術展の作家たちとの交流、また海外美術書の翻訳、作家論、美術思潮など大岡の美術批評の射程は多岐多彩にわたります。2006~2007年に大岡信の美術コレクションを展示した「詩人の眼・大岡信コレクション展」の際、長文の論評を現代詩手帖に寄せた詩人の田野倉康一氏が、「美術批評家・愛好家としての大岡信」を語ります。

日時:2018年1月28日(日)14:00-15:30(13:30開場)

会場:明治大学リバティタワー研究棟 第一会議室

講師:田野倉康一(詩人)

演題:美術批評家・愛好家としての大岡信

会費:会員無料、会員外1000円(当日受付でお支払下さい)

 

講師紹介:田野倉康一(たのくら こういち)詩人

1960年東京生まれ。明治大学文学部卒(フランス文学専攻)。大学時代の教授陣に著名な作家、詩人が多く、田野倉氏の1年時には、渋沢孝輔氏、2年では入沢康夫氏が担任だった。当時の学生には、現在活躍中の詩人たち、城戸朱理氏、広瀬大志氏、高見弘也氏らがいた。1986年第一詩集「行間に雪片を浮かべ」刊。89年「廃都」、94年「産土/うぶすな」刊。2002年の「流記」で歴程新鋭賞を受賞。09年「真景(イメージ)」、16年現代詩文庫「田野倉康一詩集」刊。美術についての関心も深く、大岡信の美術批評の仕事に早くから注目し、2006~2007年の「詩人の眼・大岡信コレクション展」に際しては、現代詩手帖(2006年6月号)に「だから僕もプライベートなまなざしで見る」を寄せた。(肖像撮影:吉原洋一)

Eメールでの参加申し込みは、右の「こちらから」をクリックしてください  。こちらから</a 

参加申し込みは、葉書に「第十一回研究会参加申し込み」とご記入の上、住所、氏名、連絡先とお持ちの方はメールアドレスを明記して、大岡信研究会事務局(101-0064東京都千代田区猿楽町2-1-16下平ビル402)までご郵送下さい。電話03-3291-6569

 

第十回大岡信研究会のお知らせ

日時:2017年9月18日(月・祝日)140:00~15:30(受付は13:30~)

会場:明治大学リバティ―タワー研究棟(部屋は決まり次第お知らせします)

講師:高橋順子(詩人)(終了しました)

演題:大岡信 連句・連詩の精神(仮題)

会費:会員無料、会員外1000円(当日受付でお支払ください)

Eメールでの参加申し込みは、右の「こちらから」をクリックしてください  。こちらから</a 

お葉書での申し込みは、葉書に「第十回研究会参加申し込み」とご記入の上、住所、氏名、連絡先とお持ちの方はメールアドレスを明記して、大岡信研究会事務局(101-0064東京都千代田区猿楽町2-1-16下平ビル402)までご郵送下さい。電話03-3291-6569

 

第九回大岡信研究会のお知らせ(終了しました)
1952年年12月、大岡信は、東京大学国文科の卒業論文として「夏目漱石論」を書き上げ提出しました。この「夏目漱石―修禅寺吐血以後」は、1977年に発行された大岡信著作集(青土社)第4巻に収録されました。更に、1999年に出版された『拝啓 漱石先生」』(世界文化社)には、漱石に関する大岡の多様な論考と共に「漱石と「則天去私」」と題して再録されました。大岡信の中に長く存在しつづける夏目漱石について、そして大岡信と漱石の関係について、明治大学大学院で、大岡の薫陶を受けた夏目漱石の研究者である明治大学教授・松下浩幸氏が語ります。
ふるってご参加下さい。

日時:2017年5月28日(日) 14:00-15:30 (受付13:30より)
会場:明治大学リバティタワー研究棟 第一会議室*
講師:松下浩幸(明治大学教授)
演題:大岡信と夏目漱石
会費:会員無料、会員外1000円(当日受付でお支払下さい)

講師紹介:松下浩幸(まつした・ひろゆき)
1960年生まれ。明治大学教授。専攻は日本近代文学。夏目漱石や樋口一葉などを中心に、日本の近代化と文学表象の関係を考察している。明治大学大学院時代に大岡信より「詩歌研究」の講義を受ける。著書に『夏目漱石―Xなる人生―』(単著)、『異文化体験としての大都市―ロンドンそして東京』(共著)、『論集 樋口一葉』(共著)、『別冊太陽 夏目漱石の世界』(共著)、『怪異とは誰か』(共著)、『モダニズム・コレクション叢書 サラリーマン』(編著)など

*リバティタワー正面口からエレベーターまたはエスカレーターで3階へ。右手奥の渡り廊下を渡って研究棟へ入って正面が第一会議室です。*

第八回大岡信研究会のお知らせ(終了しました)

1950年代、詩論で知られるようになった大岡信は、茨木のり子と川崎洋が始めた詩のグループ「櫂」に誘われ、参加しました。戦後詩に明確な足跡を刻んだ「櫂」の活動と大岡信について、またその頃の大岡信の仕事や周辺についても、大岡信を最もよく知る一人であり、大岡信に関し多く語り、執筆している文芸評論家の三浦雅士氏が語ります。ふるってご参加下さい。

日時:2017年1月29日(日) 14:00~15:30(13:30開場)
場所:明治大学リバティ・タワー研究棟第1会議室
講師:三浦雅士(文芸評論家)、日本芸術院会員
題名:大岡信と「櫂」-その頃とそれからー
会費:会員無料、会員外1000円(当日受付でお支払下さい)

講師紹介:1946年生まれ。1970年代、「ユリイカ」「現代思想」編集長として活動。1980年代から評論家として、文学、美術、思想、科学など多方面に執筆活動。1991年には「ダンスマガジン」を創刊し、編集長に。1994年、思想誌「大航海」を創刊し編集長に。また「大岡信著作集」「大岡信全詩集」の大岡信年譜を制作。主な著書に「私という現象」「主体の変容」「メランコリーの水脈」(サントリー学芸賞受賞)「身体の零度」「青春の終焉」「出生の秘密」「考える身体」など多数。

第七回大岡信研究会のお知らせ(終了しました。)
日本文学研究の泰斗ドナルド・キーン氏の愛弟子のひとりとして、正岡子規、与謝野晶子研究等日本の近代詩歌研究で知られるジャニーン・バイチマン博士は、大岡信の詩や「折々のうた」を英訳しています。また大岡信はバイチマン作の新作能「漂炎」を和訳しています。詩歌や翻訳をめぐり長年にわたる二人の交流と創作を語ります。

日時:2016年9月25日(日)14:00~15:30(開場13:30)
会場:明治大学リバティタワー研究棟第1会議室
講師:ジャニーン・バイチマン 大東文化大学名誉教授、日本文学研究者
題名:大岡信さんと私―二つの言語を通して―
参加費:会員500円、会員外1000円 当日受付にてお支払い下さい。

講師紹介(ジャニーン・バイチマン):大東文化大学名誉教授。文学博士(コロンビア大学)。著書に、MasaokaShiki: His Life and Works (正岡子規評伝及び作品)Embracing the Firebird:Yosano Akiko and the Birth of the Female Voice Modern Japanese Poetry (与謝野晶子初期の評伝と「みだれ髪」研究)。訳書に、Poems for All Seasons (大岡信「折々のうた」)、Beneath the Sleepless Tossing of the Planets (大岡信の1972-1989詩選集)、The End of Summer (瀬戸内寂聴「夏の終り」)など。創作に、英語による新作能 Drifting Fires (大岡信による和訳「漂炎」がある)。

第六回大岡信研究会のお知らせ(終了しました)
詩篇「告知」をめぐって──大岡信における想像力と批評
大岡信さんの詩において想像力と批評とがもっともスリリングに絡みあうのは、詩篇「告知」をめぐってではないでしょうか。大岡さんはまず、詩篇「わが夜のいきものたち」を発表し(1966)、ついでその制作の経緯をエッセイ「言葉の出現」に書き(1968)、最後に、「わが夜のいきものたち」のもとになった記録を詩篇「告知」と題して詩集『透視図法──夏のための』に収録しました(1972)。なにが起こっているのでしょう。それはたんに、決定稿→自作解説→記録という発表順序のあべこべ現象を示しているにすぎないのでしょうか。ちがうと私は考えます。そこには、大岡さんのなかで詩人と批評家がいわば「ひとりコラボ」しているエクリチュールの劇が展開されているのではないか。そしてその劇は、エッセイ「言葉の出現」と同年に刊行された入沢康夫さんの『わが出雲 わが鎮魂』とともに、戦後現代詩の冒険のハイライトをなすものではないかと。(野村喜和夫)

日時:2016年5月29日(日) 14:00~15:30 (開場13:30)
会場:明治大学リバティタワー 研究棟2階第9会議室
講師:野村喜和夫(詩人)
題名:詩篇「告知」をめぐって──大岡信における想像力と批評
参加費:会員500円、会員外1000円
当日受付にてお支払い下さい。
講師紹介:野村喜和夫(のむら・きわお)
1951年10月20日埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部日本文学科卒業。戦後世代を代表する詩人のひとりとして現代詩の先端を走りつづけるとともに、小説・批評・翻訳なども手がける。著訳書多数。詩集『特性のない陽のもとに』(思潮社、1993)で第4回歴程新鋭賞、『風の配分』(水声社、1999)で第30回高見順賞、『ニューインスピレーション』(書肆山田、2003)で第21回現代詩花椿賞、評論『移動と律動と眩暈と』(書肆山田、2011)および『萩原朔太郎』(中央公論新社、2011)で第3回鮎川信夫賞、『ヌードな日』(思潮社、2011)および『難解な自転車』(書肆山田、2012)で第50回藤村記念歴程賞、英訳選詩集『Spectacle & Pigsty』(Omnidawn、2011)で2012 Best Translated Book Award in Poetry (USA)受賞。

第五回大岡信研究会のお知らせ(終了しました)

日時:2016年1月31日(日) 14:00~15:30 (開場13:30)
会場:明治大学リバティタワー(研究棟2階第9会議室)
講師:八木忠栄 詩人、俳人
題名:大岡信から学んだもの
参加費:会員500円、会員外1000円
当日受付にてお支払い下さい。

講師紹介(八木忠栄):1941年新潟県見附市生まれ。日本大学芸術学部文芸科卒。思潮社で「現代詩手帖」編集長、詩書出版に17年間従事。その後、西武百貨店スタジオ200、銀座セゾン劇場、セゾン文化財団などに勤務。詩集に「きんにくの唄」「目覚めの島」「八木忠栄詩集」「こがらしの胴」「雲の縁側」他、句集に「雪やまず」「身体論」他、個人誌「いちばん寒い場所」、エッセイ集「風と会う場所」など著書多数。2015年第33回現代詩人賞受賞。

第四回大岡信研究会のお知らせ(終了しました)

日時:2015年9月27日(日) 14:00~16:30 (開場13:30)
会場:明治大学リバティタワー 研究棟4階 第1会議室
講師:土屋恵一郎 明治大学法学部教授
題名:大岡信の社会学
参加費:会員500円、会員外1000円(当日会場でお支払下さい。)

講師紹介(土屋恵一郎):明治大学法学部教授。法哲学。観世文庫理事、北京大学日本文化研究所顧問。著書は、「社会のレトリック 法のドラマトゥルギー」新曜社1985、「能 現在の芸術のために」新曜社1989のち岩波現代文庫、「勅使河原蒼風」河出書房新社1992、「正義論/自由論 無縁社会日本の正義」岩波書店のち岩波現代文庫、「処世術は世阿弥に学べ」岩波アクティブ新書2002、「能、ドラマが立ち現れるとき」角川選書2014他多数。

第三回大岡信研究会のお知らせ(終了しました)

日時:2015年5月24日(日) 14:00~15:30(開場13:30)
会場:明治大学リバティタワー研究棟2階第9会議室
講師:越智淳子 早稲田大学アジア北米研究所招聘研究員、
元大岡信ことば館アドバイザー
題名:「大岡信と西洋文化ー翻訳、旅、人との出遭いー」

講師紹介:早稲田大学第一政経学部卒、英文出版社ジャパン・エコー社から1980年外務省入省。シカゴ、英国、ノルウエー、ハンガリー、フィンランド、ポートランド(米国オレゴン州)等、大使館、総領事館で広報・文化交流を担当。英国、ノルウエー、ハンガリーで大岡信の講演会を実施。この経緯を大岡信ことば館の「ことば館たより」第9号に執筆。外務省退職後、ポートランド州立大学国際客員講師(2009年夏)、ハーバード大学日米関係プログラム研究員(2009~10)等。2014年7月第13回日本国際文化学会全国大会において「大岡信の国際性について」発表。


第二回大岡信研究会(終了しました) 

日時:2015年1月25日(日) 15:00~16:30(開場14:30)
会場:明治大学リバティタワー研究棟第一会議室*
講師:陳 淑梅  東京工科大学教授、 NHK中国語講座講師
題名:「大岡信 その現代中国における受容」

陳淑梅教授:中国天津市生まれ。天津外国語大学日本語学科卒。1986年来日。明治大学大学院修了。大学院在学中、大岡信に学ぶ。著書にエッセイ集『小点心 あっさり味の日中文化論』、『茉莉花 やさしい中国語で読む自伝エッセイ』(いずれもNHK出版)、訳詩集『ふたたびの春』(花神社)などのほか、中国語に関するテキスト類多数
*
*

第二回大岡信研究会のリポート


大岡信研究会:特別研究会①(終了しました。)
大岡信のコレージュ・ド・フランスでの講義録「日本の詩歌 その骨組みと素肌」の韓国語訳出版を記念して
日時:2014年11月23日(日)15:00~16:30(開場:14:30)
会場:明治大学リバティタワー研究棟第二会議室
講師:ワン・スギョン(王淑英) 韓国仁荷大学教授
題名:「日本の詩歌 その骨組みと素肌」と東アジア
ワン・スギョン(王 淑英)教授
韓国仁荷(インハ)大学文学部教授、日本中世文学専攻、文学博士(東海大学)、ケンブリッジ大学、ミシガン大学、コロンビア大学客員フェロー。編著書、論文は『自讃歌注』(勉誠出版)、『自讃歌古注十種集成』(桜楓社、黒川昌亨と共著)、「和歌と韓国の詩歌」(ハルオ・シラネ 兼築信行他編『世界へひらく和歌 言語・共同体・ジェンダ-』所収、 勉誠出版)等。訳書は、ハルオ・シラネ 鈴木登美編『創造された古典 カノン形成・国民国家・日本文学』(新曜社)。
大岡信著「日本の詩歌―その骨組みと素肌」の韓国語訳書:ISBN 978-89-5626-899-6

大岡信のコレージュ・ド・フランスでの講義
大岡信は、1994年秋4回と95年秋1回、フランスの最高学府であるコレージュ・ド・フランスにおいて、日本の古典詩歌に関し、フランス語で連続講義を行った。その講義テキストPOESIE ET POETIQUE DU JAPON ANCIEN(ドミニク・パルメ訳)がMaisonneuve et Larouseから1995年に出版され、その後、英語、ドイツ語など多言語に翻訳されている。日本語版は「日本の詩歌 その骨組みと素肌」と題し、1995年講談社から、2005年には岩波書店(岩波現代文庫)から発行されている。

大岡信研究会:特別研究会①のリポート


第一回大岡信研究会(終了しました)
日時:2014年9月28日(日)15:00~16:30(開場:14:30)
会場:神奈川近代文学館 中会議室 (横浜市 「港の見える丘公園」内)
講師:長谷川 櫂 (俳人、朝日俳壇選者)
題名:折々のうた:アンソロジストとしての大岡信

第一回大岡信研究会のリポート